ご当地映画ロケ 諏訪地方で始まる

LINEで送る
Pocket

茅野高校で教室のシーンを撮影する増田有華さん(手前左)ら

諏訪地方出身の歌手や俳優らでつくる「信州映画・信州諏訪ご当地映画製作委員会」が、来春公開を目指す信州映画第2弾「瞬間の流レ星」(菅原達郎監督)のロケが8日から諏訪地方で始まった。9日には茅野市の茅野高校で、元AKB48メンバーで歌手・女優の増田有華さんらが教室などのシーンを撮影した。

同校では、増田さん演じるOLの香澄の高校時代のシーンを撮影した。同校生徒もエキストラで参加している。諏訪市出身の俳優渋江譲二さん、高山猛久さんらも出演する。

製作総指揮を務めるタレント・歌手のGendy(本名源田泰章)さん(35)=下諏訪町出身=は同校の卒業生。「校舎の雰囲気も作品にマッチしていて順調な滑り出し。ストリートとともに、高性能のドローンを使った信州の秋の風景も楽しみにしてほしい」と話している。県内での撮影は9日間の予定で諏訪地方で1週間、飯田市や栄村でも行うという。

おすすめ情報

PAGE TOP