木落しの迫力大画面で 下諏訪でPV

LINEで送る
Pocket

大型スクリーンの前で見事な木落しに拍手をする観衆

大型スクリーンの前で見事な木落しに拍手をする観衆

下諏訪町御柱祭実行委員会は8日、大型スクリーンで下社山出しの様子を放映する「パブリックビューイング(PV)」を町内4カ所で行った。観覧席で見物できない人にも楽しんでもらおうと実施。曳行(えいこう)や木落しの実況中継が映し出され、観衆は大祭の迫力に見入った

PVの会場は下諏訪総合文化センター、おんばしら館よいさ、門前ひろば食祭館など。JR下諏訪駅前では、大型ビジョンの前に椅子やテーブルを設置。トップを切って「春宮四」の御柱が木落し坂からせり出すと、ビールや弁当を片手に約200人が集まった。一気に坂を滑り下りる巨木に拍手が湧き起こり、会場は一体感に包まれた。

小さな孫を連れた増澤かつこさん(58)=同町東山田=は「山まで行けないのでパブリックビューイングを巡っている。大画面で皆さんと見ると、雰囲気があって良いですね」。観光に訪れた星野秀大さん(66)=静岡県=は「前回は現地まで行ったが、いろんな角度から見える映像のが断然楽しめた。木落しも迫力があってはらはらした」と話していた。

駅前には11店舗の飲食や土産品を販売する「おもてなし交流パーク」も設けられ、観光客でにぎわった。PVは9、10の両日、午前8時~午後6時を中心に4カ所で放映する。

おすすめ情報

PAGE TOP