旧車、名車集合 来月4日「カーフェスタ」

LINEで送る
Pocket

県内外から150台前後のクラシックカーが集まる「第4回カーフェスタ諏訪湖」(同実行委員会主催、長野日報社など後援)は11月4日午前10時から諏訪市の諏訪湖イベントホール(旧東洋バルヴ諏訪工場跡地)で開く。82年前のロールスロイスをはじめ、貴重な名車、往年の旧車などが展示される。パトカーなどに乗車できる子ども向けのイベントも用意する。

同ホールの維持、活用を目指して開いており、出展料は諏訪市に寄付する。ロールスロイスのほかにも1958(昭和33)年のダットサン1000なども出展予定。子ども向けコーナーでは白バイ、消防車、ダンプトラック、高所作業車などを用意。飲食コーナーには18店、フリーマーケットには8店が出店する。展示車両と同じ年代の音楽愛好者らによるライブも行われる。

19日は同実行委が金子ゆかり市長を訪れ、開催を報告。小平祐市実行委員長(62)らが出展予定の旧車やイベントの見どころを伝えた。小平委員長は「女性や子どもにも楽しんでもらえるようにしたので車好きの人はもちろん、男女問わず大勢の方に来てほしい」と呼び掛けている。

展示車両の出展の申し込みは22日まで。出展料は1台2000円。問い合わせは同実行委事務局の荻澤さん(電話0266・78・1171)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP