交響詩160人大合唱 「明日歌」28日定演

LINEで送る
Pocket

「明日歌」定演最終盤の大合唱に向けて歌の練習に励む団員や一般公募の参加者たち

駒ケ根市を活動拠点にする混声合唱団「明日歌」(新井克太郎団長)の第34回定期演奏会は28日、同市文化会館大ホールで開く。今年は市民や中学生約160人との大合唱を企画。参加者は本番に向けた仕上げの練習に励んでいる。

大合唱で披露するのは、交響詩「フィンランディア」で、合唱団常任指揮者の唐沢史比古さん(66)=箕輪町=が合唱用にアレンジした曲。公募した市民のほか、同市の赤穂中学校合唱部、東中学校音楽部の生徒も加わる。

すでに団員や公募者、生徒たちは、今月上旬から猛練習を続けている。参加者の中にはフィンランディアを初めて歌う人も含まれるが、「練習のかいあって仕上がりは上々。160人の大合唱をぜひ多くの人に聞いていただきたい」(新井団長)という。

定演は午後6時開場、同6時30分開演。プログラムは3部構成で大合唱は終盤に予定する。1部では日本の民謡、2部はテレビコマーシャルで使われたポップスの名曲、3部では唐沢さんが作った楽曲を歌う。入場券は一般800円、小中学生400円。問い合わせは市勤労青少年ホーム(電話0265・83・1133)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP