行政との連携密に 諏訪商議所が70周年式典

LINEで送る
Pocket

創立70周年の節目を祝った諏訪商議所の記念式典

諏訪商工会議所は27日、創立70周年記念式典を諏訪市湖岸通りのホテル紅やで開いた。約120人が参加し、節目を祝った。

岩波寿亮会頭は「都市のスポンジ化の克服、コンパクトシティ化など行政の役割はますます重要になっている。商工会議所も行政と密に連携し、地域経済を担う両輪となることが求められている。70周年は通過点に過ぎない。これからも市民、会員事業所、役員が一体となって努力を重ね、将来を担う次の世代にうまくバトンタッチしていきたい」とあいさつした。

来賓の金子ゆかり市長は「このまちを自らが支えるんだという主体的な意思を持った人の集積がまちの活力。行政と商工会議所が一緒になって取り組みたい」と祝辞を述べた。

諏訪商議所は1946年11月28日に創立。地域の中小企業の振興、にぎわいと活力あるまちづくりを目指して各種事業を展開している。今年度は70周年記念事業として5月12~16日にベトナム日系企業視察研修などを実施した。

おすすめ情報

PAGE TOP