慎吾さん真剣に 諏訪湖マラソンゲスト

LINEで送る
Pocket

コース終盤、沿道の多くの声援を受けてゴールを目指すゲストランナーの藤森慎吾さん

「地域の観光特使として、諏訪のいろんな魅力を伝えられたら」。開会式で意欲を語ったのは、ゲストランナーとして初参加した諏訪市出身で、お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾さん(34)。

諏訪エリア観光特使を諏訪地方観光連盟から委嘱され、自然・文化の魅力や不思議さを売り出す「謎の国、諏訪の国」の案内人を務めている。「諏訪ならではの食べ物、歴史的建造物もあるので観光して」と県外ランナーにPRして、役目を果たした。

藤森さんは昨年の東京マラソン、今年の長野マラソンを共に完走。初めての諏訪湖1周の目標タイムを「1時間50分位」に設定。スタート前、「自分に集中するより、皆さんと諏訪の魅力に触れながら走りたい」と楽しみにし、「諏訪湖1周16キロは普段走る距離なので、(実家に)帰ってきた時にはトレーニングがてら走りたい」と話した。

沿道の声援に、笑顔で手を振る藤森さん。ゴールまで2キロ付近では、テレビ番組では見られない多少苦しそうな表情で、沿道の応援「慎吾君、真剣に走っているね」と、熱心に声援を送った。

走り終えて「声援が温かかったです。釜口水門辺りがきつかったけれど、ゴールした後のリンゴは格別。前半は観光PRも心掛け、後半は走ることで精いっぱい。来年も参加し、もう少しタイムを縮めたい」とリベンジ宣言。閉会式でも「また来年お会いできることを楽しみにしています」と笑顔で呼び掛けた。

おすすめ情報

PAGE TOP