100匹以上の釣果も 諏訪湖のワカサギ釣り

LINEで送る
Pocket

台船でワカサギ釣りを楽しむ家族連れ=3日、諏訪湖

3連休初日の3日、諏訪地方は穏やかな好天に恵まれ、各地の行楽地は大勢の観光客や家族連れでにぎわった。ワカサギ釣りが最盛期を迎えた諏訪湖では、多くの太公望が釣り糸を垂らし、釣果を楽しんだ。

民宿みなと(岡谷市湊)では、台船3台に約20人ずつ釣り人が乗船。小坂観音沖約300メートルの第8ドーム船では、早朝から多くの家族連れやベテランが乗り込み、当たりを待った。1日で100匹以上を釣った人もいた。

父親の森昌人さん(45)と岐阜県郡上市から訪れた長男の大岳君(12)は「諏訪湖でワカサギ釣りをするのは3回目。釣れたワカサギは空揚げにして晩御飯に食べる。お父さんと釣りができて楽しい」と笑顔で話していた。

みなとの中澤滋専務によると「今年の釣果は、日によって差があるが一昨年と同じくらい。体長も程よく成長しているので、釣りを楽しんでもらえるのでは」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP