野村ともさん悼む 23日、諏訪でお別れの会

LINEで送る
Pocket

戦後の混乱期から半世紀余りにわたって諏訪地方のピアノ、声楽の専門家、愛好家を育てた諏訪市出身の音楽教育家・野村ともさん=東京都杉並区=が8月27日、98歳で亡くなった。訃報を知った関係者が故人を悼み「お別れの会」(同会実行委員会主催)を企画、23日午前11時30分から同市のホテル紅やで開く。会では、門下生ら縁者がピアノ、筝、声楽などの演奏会を開いて生涯音楽の道を歩んだ恩師をしのぶ。実行委では参加を呼び掛けている。

野村さんは諏訪高等女学校(現諏訪二葉高)、東京音楽学校(現東京芸大)を卒業。諏訪高女の音楽教諭、県保育専門学院(現県福祉大学校)講師を務めた。この間、音楽教室「野ばら会」を設立。「より人間らしく豊かに生きよう」をモットーに、1999年まで50年間にわたり幼児から大人まで約2000人の育成にあたった。門下生の中には国内外で活躍するピアニスト、声楽家もいる。

また、87年には「諏訪市にちゃんとしたピアノがあったら…」と、同市四賀出身で当時、外食産業のすかいらーく会長だった横川端さんと交渉し、ベーゼンドルファー社製のインペリアルが、横川さん兄弟から同市に贈られる橋渡し役としても尽力。長女で元東京芸大講師の野村眞理さんと共にピアノの選定にも携わった。

生前、長野日報社の取材に「音楽に対する理解が低かった時代、フロンティア精神で突き進んだ。多くの門下生が羽ばたき、そのことが足跡」と話した野村さん。門下生の1人、埼玉県所沢市の青木恭子さん(85)は、中学3年の時にピアノから野村さんの勧めで歌の指導を受けた。その後声楽の道を歩み、「今日あるのも先生のおかげ」と感謝。同実行委員会代表で野村さんの姪百瀬博子さん=諏訪市=は、「人としての生き方も教わった」、野村さんの生涯に寄り添った眞理さんは、「母の人生そのものが音楽だった」と振り返った。

会費5000円。申し込み締め切りは10日。問い合わせは百瀬代表(電話0266・52・0122)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP