スイセンと春の“競演” 諏訪市赤沼の上川河川敷

LINEで送る
Pocket

諏訪市赤沼の上川の左岸堤防にある桜並木と、河川敷に植わる数十万株のスイセンが見頃を迎えた。12日は薄紅色と黄色、空の青色が美しいコントラストを見せ、春らんまんの光景を描き出した。

赤沼区によると、ソメイヨシノは約100本あり、観桜期恒例の祭りを開く17日までは見頃が続きそうという。

12日は近くの四賀小学校の児童たちも訪れ、花畑は一層にぎやかに。「黄色い花がいっぱいだよー」と歓声を上げたり、「ここにも黄色があるよ」とタンポポを摘み取っていた。

おすすめ情報

PAGE TOP