諏訪市の小中学校再編 基本構想原案を了承

LINEで送る
Pocket

諏訪市立小中学校の方向性を考える「未来創造ゆめスクールプラン基本構想検討委員会」(三村昌弘委員長)の第12回会合は13日夜、市役所で開いた。現行の市立小学校7校、中学校4校を将来的に東部、南部、西部の三つの施設一体型小中一貫校(義務教育学校)への再編を目指すとした基本構想原案を了承。市教育委員会事務局は来年1月をめどに地域懇談会を開き、住民に素案を説明した上で内容を固める方針だ。

原案では目指す教育として、学力や豊かな感性を身に付ける学校教育の質の向上、心身の成長、豊かなコミュニケーションづくり、多様な連携と関わりの構築-の4点を明記。具体的には学習や生活で課題を抱える「中一ギャップ」の緩和を目指すことや、5、6年生の学習指導での教科を選んだ上での教科担任制の導入などを挙げた。

将来的には小中学生が同じ校舎で学ぶ「施設一体型」を目指すが、途中段階では小中学校の敷地が同じで校舎が別の「施設併設型」、敷地も別の「施設分離型」の一貫教育を視野に入れるとした。

再編する具体的な校名や時期は示さなかったが、小学校では学年に複数学級、中学校では学年に3学級以上の規模が組めない学校や校舎の老朽化が著しい学校を率先して進めると明記。施設の規模や位置は、基本構想策定後に立てる「基本計画」で協議する方針だ。

三村委員長は会合後、「施設一体型小中一貫校の良さが生きるような教育ができればいい。未来の教育をつくるのは大人の責任。(地域懇談会で)アイデアを出してほしい」と話した。

地域懇談会の日程は今後詰める。

おすすめ情報

PAGE TOP