伊那市に新工場 伸和コントロールズ

LINEで送る
Pocket

精密温度調節装置やバルブなど製造の伸和コントロールズ(神奈川県川崎市)が、伊那市美篶にある市営の上の原工業団地に新工場を建設することになった。15日に伊那市役所で土地売買の仮契約調印式を行う。2018年7月に着工し、19年7月の操業を予定。稼働に合わせて、地元採用を含めて新規に約100人の雇用を計画している。同市高遠町の長野事業所は開発生産機能を維持し、新工場と合わせた生産規模は現在の2.5倍に増強する。

同社は、長野事業所と長崎県大村市の九州事業所を生産拠点に事業を展開。主力の精密温度調節装置は半導体の製造に用いられるもので、需要の拡大に対応するため、長野、九州両事業所で新工場の開設を計画している。

伊那市の新工場は敷地面積約2万8900平方メートル。市への土地購入代金約4億円を含む約15億円を投資して、鉄骨3階建て延べ床面積約1万平方メートルで建設する。機械装置やセンサーを組み合わせて作業や生産管理などを自動化する最新設備を備え、品質や生産力向上を図る。

生産ラインや研究、実験設備、福祉厚生施設などが入居するほか、多目的ホールの整備も計画。同社は高遠町内のバラ園整備で市に寄付をしているが、ホールも地域貢献の一環として位置づけている。雇用面でも生産部門の従業員の多くは地元採用したい考えだ。

長野事業所は1984年に設立され、88年に高遠町上山田に工場を設け、2005年には敷地内に工場を増設している。

おすすめ情報

PAGE TOP