伊那市歌うふるさと大使 由紀さおりさん委嘱

LINEで送る
Pocket

「歌うふるさと大使」の委嘱状を手にする由紀さん(中)と姉の安田さん(左)

伊那市は15日、市特命大使「歌うふるさと大使」に歌手の由紀さおりさんを委嘱した。同市東部中学校で開いたコンサートに併せて委嘱式を行った。由紀さんは「伊那に生まれ育ったことがどれだけ素晴らしいか、発信するお手伝いができれば」と話し、今後も歌を通して伊那市内の子どもたちに日本やふるさとの良さを伝えていく、と意欲を見せた。

由紀さんは「童謡で伝える会」として、2013年度から伊那市内の保育園を巡回し、童謡で歌われる美しい日本語の魅力を伝えている。この日は、姉の安田祥子さんと東部中でコンサートを開き、息の合った歌声を生徒たちに届けた。同校合唱部員と一緒に歌う場面もあった。

「いろいろな場所で歌わせてもらうが、伊那は来るたびに山の色合いが違い、空気もおいしく、奥が深い」と由紀さん。白鳥市長は「市の保育方針と由紀さんの考えは一致している。きれいな日本語をきちんと残せるように、一緒に発信していきたい」と今後の活動に期待した。

市は現在、市にゆかりが深い俳優や歌手など著名人14人を「芸術文化大使」や「観光大使」として特命大使に委嘱している。「歌うふるさと大使」は由紀さんが初めて。

おすすめ情報

PAGE TOP