諏訪商議所女性会40周年 記念講演会

LINEで送る
Pocket

諏訪商工会議所女性会の創立40周年記念講演会で「ピンピンコロリ 七つの秘訣」を話す笠原さん=諏訪市の同商議所

諏訪商工会議所女性会(北原厚子会長)は17日、創立40周年の記念講演会を諏訪市の同商議所で開いた。松本歯科大学(塩尻市)名誉教授の笠原浩さんが「ピンピンコロリ 七つの秘訣」と題して話し、「お迎え」が来たときは痛みや苦しみも感じることなくコロリと逝く「健康長寿の極意」を紹介した。約50人が聞いた。

笠原さんはまず「寝たきりになり、いろいろな機械を(体に)取り付けられ無理やり生かされるのはどうか」と提起。ピンピンコロリの第1の秘訣はしがらみから抜け出し、しなやかに生きる「老人力」を付けることだと話した。ストレスは健康長寿の大敵とし、笑いでストレスを吹き飛ばすことだと指摘。計算や読んだり書いたりする頭の体操も役立つと話した。

「ハートを驚かせるチャレンジ精神が大切」とも強調し、若者同様に情熱を燃やし続ける心と、心臓に“さび”がたまらないよう有酸素運動を行うことを助言。おしゃべりや「よくかむこと」は脳の活性化につながると勧め、口の中をきれいにすることも大切だと語った。

北原会長は講演に先立つあいさつで「40周年の長きにわたる活動は先人の努力と苦労があったからこそ」と振り返り、「40歳を迎えた会だが、まだピンピンしている。会員が持てる力を結集、会が発展するよう努力していきたい」と述べた。

おすすめ情報

PAGE TOP