里曳き曳行順に8本を並べ替え 御柱屋敷

LINEで送る
Pocket

上社里曳きに向け御柱8本の並べ替えが行われた茅野市安国寺の御柱屋敷

上社里曳きに向け御柱8本の並べ替えが行われた茅野市安国寺の御柱屋敷

5月3~5日の諏訪大社御柱祭上社里曳(び)きに向けて、諏訪大社上社御柱祭安全対策実行委員会は13日、茅野市安国寺の御柱屋敷に安置されている御柱8本を並べ替えた。16日からは各地区の氏子が御柱の皮むきを行い、曳行に向けた準備を整える。

山出しの曳き付け順に横一列に並んでいた8本の御柱を、クレーンを使って里曳きの曳行順に入れ替えた。前列に本宮の御柱4本、後列に前宮の4本を置き、それぞれ向かって右から一、二、三、四之柱の順に配置した。

大勢の氏子や観光客が見守る中、大総代が御柱の位置決めに立ち会い、周囲に縄を張る作業に取り組んでいた。夫婦で訪れた重田勝彦さん(64)=佐久市=は、3日に行われた前宮一の木落しを河川敷の観覧席で見たという。「実物を間近で見たいと思って来ました。すごい大きいですね」と喜んでいた。

皮むきの日程は次の通り。

▽16日=本宮一(豊田・四賀)、前宮一(富士見・金沢)、本宮三(境・本郷・落合)、前宮三(玉川・豊平)▽17日=本宮二(中洲・湖南)、前宮二(米沢・湖東・北山)▽24日=本宮四(原・泉野)▽29日=前宮四(ちの・宮川)

おすすめ情報

PAGE TOP