県縦断駅伝初日 全諏訪2位、上伊那3位

LINEで送る
Pocket

全諏訪は4区宮坂俊輔(右、専大職)が2人抜きでトップに立ち、5区臼田悠花(長野東高)へたすきリレー。ともに区間2位の力走で後続に勢いをつけた=上田市秋和中継所

第66回県縦断駅伝競走は18日、郡市の代表?チームが参加して2日間の日程で始まった。第1日は長野市―岡谷市の12区間119キロで競い、前回5位で7年ぶりの優勝を狙う長野市が第55回大会以来11年ぶりとなる初日トップとなった。前回2位の全諏訪が2分14秒差の2位。4連覇を狙う上伊那は6時間34分10秒で3位発進となった。

最終日の19日は松本市―飯田市の10区間98・5キロで行われ、2日間の合計タイムで順位を競う。

おすすめ情報

PAGE TOP