30回記念作品初演 ウインドオケ10日定演

LINEで送る
Pocket

戸田さんの指揮で練習に励むウインドオーケストラあんこ~る

岡谷市を拠点に活動する市民吹奏楽団「ウインドオーケストラあんこ~る」(三澤純也団長)は、10日午後1時30分から同市カノラホールで第30回記念定期演奏会を開く。吹奏楽指揮者、作編曲者として活躍する戸田顕さん(66)に委嘱した30回記念作品「Silk Town」の世界初演をはじめ、レスピーギの交響詩「ローマの松」全曲に挑む。

同楽団は岡谷工業高校吹奏楽部OBが中心になって1985年に結成。現在は諏訪地方をはじめ県内外の中学生から50代の社会人まで約60人の幅広い愛好者が集う。年1回の定期演奏会を中心に地元中学校の吹奏楽部指導、イベントでの演奏など幅広く活動している。

30回記念委嘱作品「Silk Town」は、戸田さんが岡谷蚕糸博物館などを実際に見学して、シルク岡谷の歴史に思いをはせて作曲。「リクエストは明るい曲ということだったので楽しい曲になった」と戸田さん。「みんなの演奏を楽しんで、シルク岡谷の歴史を想像してもらえれば」と話している。

演奏会は3部構成。第1部は戸田さん自身の指揮で「Silk Town」のほか、戸田さん作曲の「そして全ては失われた」「平和への祈り」「平和への行列」を演奏する。第2部は「Tank!」「ソウル・ボサノバ」など、第3部で「ローマの松」を披露する。三澤団長は、「戸田先生の指揮で演奏できる機会は貴重なのでぜひ大勢の人に聴いてほしい。大曲(ローマの松)にも挑戦するので団員一丸で頑張る」と意気込んでいる。

チケットは前売り500円(当日600円)、高校生以下は無料。岡谷市のカノラホール、笠原書店本店、丸共清水屋川魚店、諏訪市の平安堂諏訪店などで扱っている。

おすすめ情報

PAGE TOP