小平奈緒選手代表確実 茅野市が後援会設立へ

LINEで送る
Pocket

茅野市の柳平千代一市長は5日の定例記者会見で、平昌冬季五輪の代表選出が確実となったスピードスケートの小平奈緒選手ら同市出身選手を応援するため、今月下旬にも「茅野市後援会(仮称)」を設立すると語った。会長に就任予定の柳平市長は、現地での応援にも意欲を示している。

市などによると、後援会はソチ冬季五輪があった2014年にも設置した。今回も茅野市体育協会と市スケート協会を中心に組織する予定で、関係者が設立準備に向けた調整を進めているという。7日に茅野市運動公園国際スケートセンターで発起人会が開かれる予定だ。

小平選手の父安彦さんと幼なじみで、幼少期から成長を見守ってきた柳平市長は、ワールドカップで活躍する小平選手について「オランダの武者修行を経て、昨季から見違えるように迫力が出てきた」と語り、「五輪は大きな目標だと思う。全部を出し切って理想の滑りをしてほしい」とエール。世界で活躍する姿は、子どもや市民の励みや夢になると語った。

おすすめ情報

PAGE TOP