ニシザワ文芸コンクール 入賞者表彰

LINEで送る
Pocket

表彰式後、記念撮影に臨む入賞者ら

総合小売業のニシザワ(本社・伊那市、荒木康雄社長)は9日、上伊那地方の小中学生から読書感想文を募った「ニシザワ文芸コンクール」の表彰式を伊那市創造館で開いた。最優秀賞に3人、優秀賞に17人を選出し、力作をたたえて表彰状を贈った。

西澤書店を前身とする同社が2004年の創業80周年を機に、「子どもたちが本に触れる一助になれば」と同コンクを開始。14回目の今年は小中学校41校から、計1472点(小学生497点、中学生975点)の応募があった。命や夢、絆の大切など、本を通じて得た学びや感動を書き記した力作がそろった。

最優秀賞に選ばれた3人が感想文を発表。幸福や自己犠牲をテーマにした童話「幸せの王子」を読んだ東春近小5年の矢島優月さんは、「心の幸せとは、困っている人を助けることで得られるのだと思った」と強調した。

荒木社長は「皆さんの思いが伝わる素晴らしい作品ばかりだった。今後も、いろいろな本を読み、感情醸成に役立てて」とエールを送った。

最優秀賞、優秀賞は次の皆さん。
 【小学生】
 ▽低学年の部最優秀賞=下島有里菜(美篶3年)
 ▽高学年の部最優秀賞=矢島優月(東春近5年)
 ▽優秀賞=佐野天里(川島3年)山本彩生(赤穂6年年)中山葉月(美篶4年)八田真(西春近南6年)
 【中学生】
 ▽最優秀賞=柚原綾花(辰野2年)
 ▽優秀賞=大崎莉子(赤穂1年)唐澤莉子、山下真穂(以上、赤穂3年)藤田眞宙(箕輪1年)小松千華(箕輪2年)水村優由香(駒ケ根東2年)竹村彩也香(駒ケ根東3年)那須野美優(飯島1年)平澤果奈(伊那東部2年)中村有里菜(伊那1年)松澤奈央(春富1年)中原彩絵、浦野日菜(以上、春富3年)

おすすめ情報

PAGE TOP