招福だるま入荷 上社ドライブイン

LINEで送る
Pocket

上社ドライブインに入荷しただるま

諏訪市中洲の諏訪大社上社本宮北参道の上社ドライブインで11日から、二年参りや初詣で取り扱う招福だるまの入荷が本格的に始まり、従業員が販売に向けて準備に追われている。

今年もだるまの名産地である高崎市から仕入れた。高さは約5センチのミニサイズから75センチまであり、色は赤、白、金などをそろえた。価格は400~3万8000円。来年のえとの犬をデザインしただるまがあるほか、上野動物園で6月に誕生したジャイアントパンダにちなみ、パンダを表現した物を限定80個用意した。

企業や個人の名入りの予約を受け付けており、すでに諏訪地域を中心に県内外から注文が寄せられている。

18日までに約6400個を入荷し、同日に諏訪大社の神職のおはらいを受ける予定。小口弘子社長は「来年1年を無事に過ごせるよう大事に販売したい」と話している。

北参道の複合商業施設「宮町通り社乃風」駐車場横の店舗で販売する。今年飾っただるまを浄焼する供養祭は来年1月20日に本宮駐車場で行う。

おすすめ情報

PAGE TOP