オリンピックミュージアム 「長野」の加盟承認署名式

LINEで送る
Pocket

昨年9月、国際オリンピック委員会(IOC)のオリンピックミュージアムネットワークに国内で初めて加盟した長野オリンピックミュージアム(長野市エムウェーブ内)の加盟承認署名式が17日、同所で行われた。加盟27施設間の収蔵品の貸し借りが可能になり、展示やイベントが充実する。施設管理者(指定管理)のエムウェーブは「1998年の長野五輪の資産を発信し、2020年東京五輪を応援する地方の拠点にしたい」としている。

署名式で、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は「長野で始まった一校一国運動など、IOCが求めるオリンピックの理想が長野五輪だった。加盟を機にオリンピックムーブメントを推進する拠点の役割を担ってほしい」と期待した。

エムウェーブによると、オリンピック記念コーナーの来場者は、長野五輪直後の99年度は年3万人を超えたが、展示品に変化がないこともあり、15年度は約7200人に減少した。ただ、東京五輪開催決定後は一校一国運動などに関心が高まり「全国の自治体、学校から問い合わせが増え、再び長野五輪に注目が集まっている」という。

おすすめ情報

PAGE TOP