芋焼酎「伊那八峰」シリーズ 伊那で試飲会

LINEで送る
Pocket

産地ごとの銘柄がそろう「伊那八峰」シリーズ。試飲した人たちは「まろやか」「香りがいい」と感想を話した

上伊那地方8市町村で栽培されたサツマイモを使い、産地ごとのオリジナル銘柄をそろえた芋焼酎ブランド「伊那八峰」の新酒試飲会が21日夜、伊那市狐島のJA上伊那本所で開かれた。2015年に仕込んだ「3年物」をベースに今年の原酒を加えた商品で、出来栄えは「最高」と、生産農家や酒販店などでつくる「伊那八峰の会」。地域のA・コープ店や酒販店で販売する。

遊休農地の解消と特産品づくりを目指し、06年に同会を結成して始動。デンプン含量が多い「黄金千貫」を8市町村で栽培する。今年は2・5ヘクタールに作付けし、10月に約38トンを収穫。秋の天候不順の影響で収量は目標(70トン)に届かなかったという。

喜久水酒造(飯田市)が醸造した。伊那市の「坐々無志」や駒ケ根市の「しまだ娘」といった地域産の芋を使った独自銘柄と、各銘柄を調合した「伊那八峰」などの13銘柄をそろえた。

試飲会には60人が参加。各銘柄を飲み比べ、「香りがいい」「まろやかな味」と高評価した。池上明会長(61)=飯島町=は「おいしい芋焼酎になった。伊那谷の名物になっていくよう、継続して事業を進めたい」とあいさつ。「あっさりタイプで、女性好みの芋焼酎」ともPRした。

900ミリリットル瓶で、価格は各市町村の独自銘柄が1100円(税別)、「伊那八峰」が980円(税込み)。年間販売目標は1万本に設定している。取り扱い店に関する問い合わせは、県酒類販売伊那支店(電話0265・72・2138)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP