新型あずさデビュー JR松本駅で出発式

LINEで送る
Pocket

女優の清水くるみさん(中)らの合図で、JR松本駅を出発する特急スーパーあずさ4号=松本市のJR松本駅1番ホーム

松本・諏訪地方と首都圏を結ぶJR中央東線の特急スーパーあずさ新型車両「E353系」の営業運転が23日、新宿―松本間で始まり、JR松本駅で出発式が行われた。新型車両は当面1日4往復で運行され、来年3月のダイヤ改正で残りのすべてが新型車両に切り替わる。

1番線ホームで行われた出発式では、JR東日本の伊藤悦郎長野支社長が「レジャーに、ビジネスに快適で楽しい鉄道の旅を提供したい」とあいさつ。午前6時51分、1日駅長に委嘱された菅谷昭松本市長、女優の清水くるみさんが右手を挙げて出発の合図をすると、新型車両のスーパーあずさ4号が関係者や多くの鉄道ファンに見送られながら新宿に向けて出発した。

同社によると、新型車両への切り替えは1993年12月以来、24年ぶり。車体はあずさ伝統の紫を継承。南アルプスの雪をイメージした外観で、先頭のグレーは国宝松本城の漆黒を表現している。

現行のE351系と比べて最高速度、所要時間に変更はないが、空気ばね式車体傾斜装置を導入したことで左右の揺れが少なく、乗り心地が向上した。各デッキには防犯カメラを設置し、全座席にノートパソコンを置けるテーブルとコンセントを備えてある。

新型車両に切り替わったのは、松本発の4号、18号、22号、36号、新宿発の下りが1号、11号、23号、29号。同日はJR新宿駅でも午前7時発のスーパーあずさ1号の出発に合わせて出発式を行った。E353系の運行開始を記念した「記念入場券」を数量限定で松本、岡谷、上諏訪、茅野などの各駅で発売した。

おすすめ情報

PAGE TOP