D51も新年準備 保存会が正月飾り付け

LINEで送る
Pocket

蒸気機関車に正月飾りを付け、新年の準備を整えた保存会員たち

辰野町のD51保存会(田中正規会長、21人)は25日、荒神山公園に展示されている蒸気機関車の正月飾り作業を行った。青空の下で役員が集まり、しめ飾りを取り付けるなど作業。和装を施して風格を増した車体に、無事新年を迎えられるよう思いを託した。

蒸気機関車は1937(昭和12)年製造。本州や北海道などで39年間運行して役割を終えた後、76年に辰野ライオンズクラブの尽力で同公園に移設展示された。旧国鉄OBや愛好者でつくる同会が、年2回の手入れ作業などで保存と継承に取り組んでいる。

年末恒例の正月飾りは、田中会長(80)=小野=と矢島治夫副会長(78)=宮木=、高木元文会計(73)=平出=の三役が出て実施。高木さんが熟練の技でこしらえたしめ飾りやしめ縄、国旗2本を車体前面へ付け、左右対称に松とサカキも飾り付けた。

田中会長は「毎年見物に来てくれる人もおり、会員の励みになる。荒神山公園に足を運んでもらい、機関車を見て正月気分を味わってほしい」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP