スピード五輪選考会 女子500小平V

LINEで送る
Pocket

女子500メートルを37秒13の国内最高記録で制し、笑顔で観客の声援に応える小平奈緒(相沢病院)=長野市エムウェーブ

来年2月9日に開幕する冬季五輪平昌大会に向けたスピードスケートの日本代表選手選考会が27日、長野市エムウェーブで4日間の日程で始まった。初日は男女4種目を行い、女子500メートルはすでに代表に内定している茅野市出身の小平奈緒(相沢病院)が37秒13の国内最高記録をマークして貫禄の優勝。同種目で昨季からの連勝を24に伸ばし、日本女子初の金メダル獲得が期待される平昌五輪へ弾みをつけた。

代表枠の総数は男子が8、女子は10。代表選手は最終日の30日に発表される。

おすすめ情報

PAGE TOP