原田さんの絵に着色 原田泰治美術館イベント

LINEで送る
Pocket

原田さんの下絵に着色して塗り絵を完成させた子どもたち

諏訪市の原田泰治美術館は2日から、冬休みイベント「原田泰治さんのぬり絵」を始めた。来館者は画家原田泰治さんが塗り絵用 に書き下ろした下絵に思い思いに着色した。

塗り絵は同館から諏訪湖畔を見渡した風景画2種類。原田さんならではの細やかなタッチで表現され、大きさはA4サイズと絵はがき大から選べる。

来館者は下絵に描かれている諏訪湖や木々の葉、山並みなどに色鉛筆で塗っていった。同市四賀小学校3年の秋山愛果さん(9)はA4サイズ、妹で同校1年の優月さん(7)は絵はがき大の塗り絵を体験。愛果さんは「難しかったけど、好きなように色が塗られて楽しかった」と話した。

同館は「子どもだけでなく大人も楽しめます」と呼び掛けている。

塗り絵体験は8日までで時間は午前9時~正午、午後1~4時。費用は100円。色鉛筆は同館で用意する。冬休みイベントとして4、7日の午前11時と午後2時からは原田さんが原作を手掛けた絵本の大型紙芝居を上演する。

おすすめ情報

PAGE TOP