中ア遭難防止対策協 フェイスブックを開設

LINEで送る
Pocket

中ア遭対協が開設したフェイスブックの公式ページ

中央アルプス地区山岳遭難防止対策協会は、中アの気象情報や登山道及び積雪の状況、登山前の注意喚起情報などを掲載するインターネット交流サイト(SNS)「フェイスブック」の公式ページを開設した。入山を控えた登山者への事前情報発信強化のために設けたもので、同遭対協は山岳遭難の未然防止につながればと期待する。

季節ごとの連休を中心に、登山相談所を設けるなどして遭難防止の啓発活動に力を入れており、活動を担う登山相談員会では以前から、事前情報の発信強化の必要性を認識してきたという。11月には相談員会の中にワーキンググループを立ち上げ、ウェブサイトを利用した情報発信方法の検討や準備を行ってきた。

掲載するのは、道迷いや遭難の危険箇所、過去の遭難事故の分析結果なども予定。グループメンバー に加わった山小屋関係者や 中央アルプス観光の職員らによる、山の最新情報を随時更新する。救助訓練に取り 組む救助隊の写真を掲載して同協会の広報として活用するほか、高山植物や紅葉の状況などを紹介して中アの魅力もPRしていく。

「信頼性ある情報を伝えることが大切だと考えた」と同遭対協。「特に有雪期には遭難の危険性が高まる。事前情報を確認し、しっかりとした計画を立ててほしい」と呼び掛ける。

おすすめ情報

PAGE TOP