昭和の大衆浴場健在 諏訪市小和田の大和温泉

LINEで送る
Pocket

男女の浴室の仕切りはすりガラスのブロック、浴槽はステンレス、床はタイル。レトロな雰囲気を醸し出している

昔ながらの個人経営銭湯が全国的に減る中、諏訪市小和田湯小路にある昭和初期開業の大衆浴場「大和温泉」が健在だ。地元常連客のほか、温泉マニアも訪れ、レトロな雰囲気の建物とともに「肌がしっとりする」と、熱い湯も好まれている。“湯のまち”である同市でも珍しい温泉施設となっている。

利用者は1日平均30人ほどと多くはないが、経営者の藤森伸一さん(61)は「続けられるうちは続けたい」と話す。

大和温泉はもともと自宅の家族が使う内風呂だった。1927(昭和2)年から28年頃、大衆浴場に改装したという。敷地いっぱいに浴場を造った。湯は近くの「湯小路源湯」から引き、毎夜、湯を抜き清掃したあと浴槽にためている。

引いたばかりの湯温は62度ほどで熱すぎるため、夜から翌朝にかけ浴室の窓を開け放すなど工夫し、43~44度前後に調整している。

PH8・7のアルカリ性単純硫黄温泉。潤い成分を示すというメタケイ酸を多く含み「体がつるつるする」という。浴槽は男女とも一度に4人ほどが入れる大きさで、浴槽はステンレス製、床はタイル張りとなっている。

常連客は諏訪市のほか茅野市などにもいる。最近引っ越してきて、この温泉を知ったという近くの日岐優太さん(33)は会社帰りに利用。「体の芯からポカポカになる」とにこやかに話す。

大和温泉は「街中の秘湯」とも。目立った案内がなく民家と民家の間にある幅70センチ、長さ15メートルほどの路地を抜けた場所にあるからだ。路地奥には藤森さん手作りの「入浴料金台」が置かれており、ここが受け付けとなる。

営業時間は午前7時~午後10時。料金は中学生以上300円、小学生130円、幼児70円。毎月第2、4水曜日定休。問い合わせは同温泉(0266・52・3659)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP