小平選手の軌跡紹介 八ケ岳総合博物館企画展

LINEで送る
Pocket

小平奈緒選手の軌跡をたどる企画展のチラシ

茅野市は、女子スピードスケートで2月の平昌冬季五輪に出場する同市豊平出身の小平奈緒選手(相沢病院、茅野北部中―伊那西高―信大出)の軌跡を紹介する企画展を、市八ケ岳総合博物館で開く。会期は27日から3月4日まで。

柳平千代一市長が4日の定例記者会見で発表した。同市の五輪出場選手を応援する特別企画で、小平選手や家族の協力を得て、トップアスリートに成長するまでの歩みをたどる。小学校時代や全中スケート、高校インターハイ、大学時代の全日本距離別選手権、団体追い抜きで銀メダルを獲得した2010年のバンクーバー五輪、16年の世界距離別選手権で滑走する写真などを展示。五輪を含む国内外の大会で着用したユニホーム、トロフィーなども公開される予定だ。

柳平市長は「多くの市民に見ていただき平昌五輪に向けて応援の機運を高めたい」と話した。同じ豊平地区で長男と同世代の小平選手を幼少期から見 守ってきた柳平市長は「自分が納得する理想の滑りを平 昌のリンクで表現してほしい」とエールを送り、「金メダルを取ったらパレードや報告会を盛大に開いて労をねぎらいたい」と語った。

おすすめ情報

PAGE TOP