「花桃の里」春爛漫 駒ケ根市中沢

LINEで送る
Pocket

約900本が咲き誇る駒ケ根市中沢の「花桃の里」

約900本が咲き誇る駒ケ根市中沢の「花桃の里」

駒ケ根市中沢の百々目木(どどめき)川沿いにある「花桃の里」で、約900本のハナモモが見頃を迎えている。黄色のレンギョウやヤマブキも咲きそろい辺りは春真っ盛りで、県内外からの花見客でにぎわっている。

近くで飲食店「すみよしや」を営む宮下秀春さん(82)が20年以上前から、種から育てた実生の苗木を植えて増やしてきた。病気や害虫に強いという実生のハナモモは3年ほどで花を付けるといい、今では白を主体に赤やピンクの花々が谷間の斜面を埋め尽くしている。

今年は暖冬の影響で例年より10日ほど早く咲き始め、今週に入り満開になった。宮下さんは「木が成長して花が年々きれいになっていく。今年の花付きも良い」と満足そうだった。ハナモモは今週末まで楽しめるという。

おすすめ情報

PAGE TOP