ライザップで10歳若返り 伊那市で始まる

LINEで送る
Pocket

トレーナーの指導で体を動かす参加者

伊那市とフィットネスジム運営のRIZAP(ライザップ)は14日、60代の市民を対象に健康増進プログラムを始めた。ライザップなどが開発した体力年齢で参加者を測定し、10歳若返りの改善があれば1人につき5万円を市が同社に支払うなどとした「成果報酬型」で実施する。国民健康保険加入などの要件を満たした46人が参加し、3月25日までの全8回。同社トレーナーの指導で運動と食事管理を日常生活の中に習慣付け、健康と体力の向上で結果を求める。

数人でチームを組み、目標を共有しながら力を合わせる手法で展開。「間食を減らして百名山登山を再開する」「マラソン大会の完走を目指す」「15年前の洋服が着られる体になりたい」など、それぞれ発表して意識を高めた。

たんぱく質を摂取する食事法を学び、トレーナーは1日の食事量について「朝3、昼5、夜2の割合で」と指導。運動は筋力トレーニングと有酸素運動を取り入れた屈伸で、県歌「信濃の国」に合わせて行い、自宅における日々の継続を呼び掛けた。

5年前に病気を患い体力の衰えを感じて参加した北原敏廣さん(67)=美篶=は「今まで日常的に運動を継続するのは難しかったが、楽しみながら続けられそう。目標は10キロ減」と笑顔。荒井の67歳女性は「運動を日課にするメニューがあればと思っていた。科学的なデータやシステムも構築されているので『違うぞ』っていう感じ」と心地良い汗を流した。

ライザップにとって成果報酬型の取り組みは全国初。瀬戸健社長は「やるべきことをやってもらえれば、結果は出る」と自信を示した。

白鳥孝市長は「注目されるライザップとのコラボレーションで、1人でも多く健康になれば」と期待。参加者数が200人の募集定員を下回ったことについては「要件を設けたために参加がせばまった。結果が出ればさらに広がりを持たせられる」とした。

おすすめ情報

PAGE TOP