「伊那谷ガレット」伝授 体験教室28日から

LINEで送る
Pocket

伊那市内で開いた「ガレットマルシェ」で、渡邊さんから伊那谷ガレットの作り方を習う参加者。県と協議会が連携して体験教室を開く=昨年10月15日

そば粉を使った料理「ガレット」と、上伊那産農産物の魅力を広げようと、県上伊那地域振興局と信州伊那谷ガレット協議会は28日、ガレット作りの体験教室「信州伊那谷ガレットキャラバン」を始める。協議会加盟店で店主から直接教わる企画で、3月にかけて数回開く予定。初回は伊那市西町の飲食店「kurabe」で、協議会代表でもある渡邊竜朗さんから習う。

信州伊那谷ガレットは、伊那谷産のそば粉と、そば粉以外に地元産の食材を一つ以上使うことが定義。振興局農政課によると、協議会の理念や活動は、県産農畜産物の消費拡大を目指す県の「おいしい信州ふーど(風土)」の考えと合致しており、連携して体験教室を開くことにした。

午後3~6時。上伊那産の農産物を用い、渡邊さんから家庭で作れる信州伊那谷ガレットを教わる。定員15人で参加費は2500円。申し込みはkurabe(電話0265・76・9086)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP