市の花「桜」デザインの出生届 伊那市

LINEで送る
Pocket

伊那市が作成したオリジナルデザインの出生届

伊那市が作成したオリジナルデザインの出生届

伊那市は、市の花「桜」などを取り入れたオリジナルデザインの出生届を作成した。「日本一子育てのしやすいまち」を目指す市として、子どもの誕生を「心を込めてお祝いしたい」と製作。市のイメージや出生率の向上につながればと期待している。市によると、独自の出生届は県内初。

出生届は上部に青い空、下部にピンク色の桜をデザイン。「青空は両親の幸せ、桜は子どものかわいらしさを表現した」(市)。市イメージキャラクター「イーナちゃん」もあしらった。出生証明書と合わせ、市内の伊那中央病院と菜の花マタニティクリニックで希望者に発行する。手書き記入用は市ホームページからダウンロードできる。

出生届とは別に、保管できる「記念用」の用紙も作った。こちらは両親が子どもの名前やその由来、メッセージなどを書き込んだり、子どもの手形や足形を残せる欄を設けた。出生届の提出時に市の窓口で配布する。

市は昨年7月からオリジナルデザインの婚姻届も用意。提出するほとんどの人が選んでいるといい、「出生届も多くの人に利用してもらいたい」と話している。

おすすめ情報

PAGE TOP