小平選手応援年賀状443通 茅野市の郵便局

LINEで送る
Pocket

県内から寄せられた小平奈緒選手宛ての年賀状。443通が寄せられた=茅野市の茅野郵便局

平昌冬季五輪のスピードスケートに出場する茅野市出身の小平奈緒選手に年賀状を送って応援しようと、同市内の10郵便局が呼び掛けた企画の応募数が24日まとまった。地元を中心に県内外から、イラストやメッセージ入りの心のこもった443通が寄せられた。所属する相沢病院(松本市)を通じて小平選手に届けられる。

応募者は保育園児から80代まで幅広く、遠くは福岡県からも。市内小中学校では、母校の豊平小と北部中など12校から110通、伊那西高(伊那市)からは50通、介護老人福祉施設ふれあいの里(茅野市)からは72通が届いた。「目指せ世界一」「金メダルとってね」「茅野に元気をありがとう」「必ず勝てる」-。本格的な似顔絵や滑走姿のイラスト、寄せ書きもあった。

24日に同市宮川の茅野郵便局で集計作業をした。日本郵便松本営業統括本部の斎藤剛本部長らが、ボールペンなど応募者への記念品抽選も行った。

応援年賀状は30日に、茅野郵便局の小池一雄局長が相沢病院に届けるという。応募者記念品2月中に持参や郵送で届ける予定。小池局長は「短い期間だったが大勢に応募していただいてうれしい。皆さんの思いが届くよう願っています」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP