2018年01月30日付

LINEで送る
Pocket

今年もインフルエンザの流行期がやって来た。インフルエンザは、インフルエンザウイルスによって引き起こされる急性感染症で、感染経路は咳やくしゃみなどによる飛沫感染が主だという。健康な成人はともかく、抵抗力が弱い幼児や高齢者にとっては厄介だ▼日本のような温帯地帯では、12月下旬に小ピークを迎え、1~3月にかけて感染者が急増するため、寒い冬にだけ流行すると錯覚してきたが、近年沖縄では暑い夏にも流行すると聞かされ驚いた▼一旦かかると一定期間は休まなければならず、家族や職場にも迷惑をかけてしまう。仕事柄、保育園や学校など多くの人が集まる場所に出入りするため、インフルエンザの流行を聞いて、慌てて予防接種のため病院に行くも、時すでに遅し。「在庫がない」との返答▼そうこうしていると発熱、咳、のどの痛みなどが現れ、近くの病院に駆け込むことに。直ちに別室に隔離され、鼻の穴に細い綿棒を差し込まれてインフルエンザの検査。幸い陽性ではなく事なきを得た▼昨年の流行期にはインフルエンザにかかった。「人生初」と思ったが、どうやら似たような症状は過去にも何度かあったように思う。知らぬ間に感染し、知らぬ間に治癒し、もしかしたら知らぬ間に人にうつしていたかも知れない。インフルエンザが命取りになる人もいることを考えれば、周囲の人を守るためにも予防は必要なのだろう。

おすすめ情報

PAGE TOP