兆候の筋3本確認 諏訪湖御神渡り

LINEで送る
Pocket

氷の裂け目が隆起し、御神渡りの兆候とみられる筋が延びる諏訪湖=1月31日午前9時15分ごろ、下諏訪町高木付近

諏訪湖は1月31日、朝の冷え込みで氷の厚さを増し、今冬初めて諏訪市渋崎の旧六斗川左岸の河口付近に氷の筋道を確認した。御神渡り(御渡り)になり得る氷の筋が3本でき、5季ぶりの出現に近づいた。判定と神事をつかさどる八剱神社(諏訪市小和田)の宮坂清宮司は「この2、3日のうちに出現する可能性がある」と期待を高めた。

同日の諏訪の最低気温は平年並みの氷点下8・4度。神社関係者が毎朝観察する諏訪市豊田の舟渡川河口付近の沖合約100メートルでは、氷の厚さが約8センチになった。しっかりとした氷はなかなか割れず、力を込めて斧(よき)を数回振り下ろして氷厚を確認した。下諏訪町赤砂崎の沖合には最大10センチほどの隆起が確認されたほか、同町高木、岡谷市湊付近にも氷の筋が見られた。

長野地方気象台によると、2月4日ごろまでは平年並みの寒さだが、週明けには平年以下の冷え込みになる日もある見込み。

おすすめ情報

PAGE TOP