茅野市豊平小 石垣に小平奈緒選手応援横断幕

LINEで送る
Pocket

校門の石垣上に設置された小平選手の応援横断幕

茅野市の豊平小学校に1月31日、同校出身で平昌冬季五輪スピードスケート競技に出場する小平奈緒選手(相沢病院)を応援する横断幕が設置された。校門前の道路に面した高さ2・5メートルほどの石垣上の鉄柵に取り付け、「輝け!小平奈緒選手」という応援メッセージを掲げた。

横断幕は縦1メートル、横6メートルの大きさで、ビニールシート製。同校と同校PTA、豊平スケートクラブが制作した。競技前までは応援メッセージだが、メダルを獲得した場合はメダルの色と種目を貼り付けて祝福の横断幕に変える予定という。

設置は授業開始前の早朝、スケートクラブ員と6年生、学校やクラブ、PTA関係者ら約60人が行い、小平選手にエールを送った。6年の渡辺万里君(12)は「前から小平選手を知っていたけど世界で活躍していてすごい。遠くにいても応援したい」と大先輩の活躍に期待していた。

スケートクラブ会長の河西勇さん(43)は「子どもも盛り上がっており、 奈緒選手に子どもたちの 気持ちが伝われば」、PTA会長の古田友和さん(41)は「子どもたちも学校の卒業生の活躍を期待している」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP