静寂と幽玄の世界 小野のシダレグリ雪化粧

LINEで送る
Pocket

雪化粧した「小野のシダレグリ自生地」=辰野町小野

上伊那地方は2日、前夜からのまとまった雪により、各所で真っ白な冬景色が見られた。辰野町小野の国天然記念物「小野のシダレグリ自生地」でも木々が雪化粧し、独特な枝ぶりが際立つ幽玄の世界が広がった。

シダレグリは、標高1000メートル超の山肌に約1000本が自生。折れ曲がった幹や枝が渋みのある風情をかもし、写真愛好家の撮影地として人気を集める。雪が降ると、曇天時は水墨画のような眺めが、晴天時は青空との対比で鮮やかな色彩美が楽しめる。

この日も、写真愛好者たちが町内外から訪れ「静けさの中で、時間を忘れて撮影できるのがいい」「枝から雪が舞う瞬間が美しい」と盛んにシャッターを切っていた。

シダグリ自生地は、辰野町の国道153号から接続。岡谷市と結ぶ塩嶺王城パークラインは冬季閉鎖中で、同市側からは通行不可。町観光協会では「路面に雪が残ったり凍結している場合もある。自動車に冬用タイヤを装着して、安全に訪れてほしい」としている。問い合わせは同協会事務局(電話0266・41・1111)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP