楽しくスケート指導 ソチ五輪出場の上條さん

LINEで送る
Pocket

上條さんの指導でスケートを楽しむ北山小の児童

茅野市北山小学校のスケート教室が8日、同市運動公園国際スケートセンターで開かれ、2014年のソチ冬季五輪に出場した上條有司さん(31)=日本電産サンキョー=が指導を行った。市内は地元出身の小平奈緒選手(相沢病院)の平昌冬季五輪出場で盛り上がっており、児童たちは上條さんの指導を受けながらスケートの楽しさを肌で感じ、五輪選手の滑りのすごさも目の当たりにした。

上條さんは現役引退後、同社スピードスケートスクールでコーチとして所属選手を指導。同社が行う社会貢献事業では、スケート競技の普及や選手育成を目的に、地域の小学生らを指導している。

この日の教室はスケート初心者の1、2年生が対象。上條さんは、つま先を開いて足をV字にして立つ基本姿勢、小刻みに歩き1歩1歩足を前に出して滑らせることなど、スケーティングのこつを教えていた。

上條さんの滑りを見た児童たちは「めちゃくちゃすごい」「もっとうまく、速く滑れるようになりたい」などと話していた。

上條さんは「スケートを楽しんでくれる子どもを増やして底辺を広げていきたい」と話し、平昌五輪に出場する小平選手の活躍も願っていた。

おすすめ情報

PAGE TOP