小平選手を地元で声援 茅野3会場でPV

LINEで送る
Pocket

平昌冬季五輪女子スピードスケートに出場する小平奈緒選手(相沢病院)の地元茅野市で、レースをテレビ観戦する「パブリックビューイング」が計画されている。市役所議会棟と南大塩公民館、北部生涯学習センター・やつがねホール(北部中学校)の3会場。メダルに挑む小平選手に日本から熱い声援を送る。

各会場、12日午後9時30分からの1500メートル、14日午後7時からの1000メートル、18日午後8時からの500メートルの3種目で開催する。

議会棟会場は「平昌オリンピック・パラリンピック茅野市出場選手後援会」が主催。後援会員だけでなく、広く市内外から多くの人が集まる予定。スティックバルーンなどの応援グッズを用意しているが、にぎやかに応援するため自前応援グッズの持参も歓迎。会場は混雑が予想されるため、車での来場の際はできるだけ乗り合わせて来るよう呼び掛けている。

南大塩公民館会場は南大塩区などが主催。主に豊平地区住民に参加を呼び掛けている。会場には小平選手を知る多くの住民らが集まる予定で、メダルが決まれば同区と豊平地区コミュニティ運営協議会が直ちに祝砲(花火)を打ち上げて祝意を示し、地域住民にメダル獲得のうれしいニュースを伝えるという。

北部中学校併設のやつがねホール会場は小平選手の母校である同校が主催。主に生徒や保護者、学区内住民が観戦予定だが、誰でも観戦は可能。生徒や児童の来場は保護者同伴を呼び掛けている。

各会場ともテレビの中継映像を大型スクリーンに投影して観戦。開場時間はいずれも12日が午後8時45分、14日が午後6時15分、18日が午後7時15分の予定。

おすすめ情報

PAGE TOP