平昌五輪 小平奈緒選手あす1500で初滑走

LINEで送る
Pocket

12日の小平奈緒選手の初戦に向けてパブリックビューイングの会場設営を行う関係者=茅野市、南大塩公民館

9日に開幕した平昌冬季五輪の女子スピードスケートに出場する、茅野市豊平出身の小平奈緒選手(相沢病院)の初戦が12日に迫った。地元の同市南大塩公民館は10日、当日のレース中継を大型スクリーンで観戦する「パブリックビューイング」に向けて会場の設営作業を行った。関係者は「地元から大声援を送りたい」と気持ちを高ぶらせている。

南大塩区役員や、区の有志でつくる「小平奈緒さんを励ます会」メンバーら20人ほどが準備に当たった。「跳べ!奈緒!」や1000メートル世界新記録の樹立を祝う横断幕、小平選手のポスター、豊平小児童らが寄せ書きした応援旗、新聞記事などで会場を飾った。応援用の黄色やオレンジ色、青色のスティックバルーンも用意した。

17日に平昌へ出発する応援団ツアーに参加する矢島正恒さん(63)は、小平選手と長女が豊平小で一緒にスケートを練習したといい「郷土からトップアスリートが出てうれしい。積み重ねた努力や生きざまを応援したい」とエールを送る。小平春信区長(64)は「当日は大勢の人たちと地元から温かい声援を送りたい」と多くの来場を歓迎している。

PVは茅野市役所議会棟大会議室、南大塩公民館、北部中学校やつがねホールの3会場で開催。それぞれ12日の1500メートル、14日の1000メートル、18日の500メートルで予定。開場時間は各会場とも12日が午後8時45分、14日が午後6時15分、18日が午後7時15分。

おすすめ情報

PAGE TOP