スピード女子1000小平銀 高木美銅

LINEで送る
Pocket

平昌冬季五輪第6日は14日、スピードスケートの女子1000メートルを行い、茅野市出身で世界記録保持者の小平奈緒(相沢病院)が1分13秒82をマークして2位に入り、銀メダルを獲得した。金メダルにはあと一歩届かなかったが、今大会1500メートル2位の高木美帆(日体大助手)に続いて日本女子最高成績を収めた。

小平は2010年バンクーバー五輪の団体追い抜きメンバーとして銀メダルに輝いていたが、五輪の個人種目では3大会連続の出場で初のメダル獲得となった。

このほか日本勢は高木が1分13秒98で3位に食い込み、今大会二つ目 のメダルを獲得した。五 輪のスピードスケートで日 本の女子選手が2人同時に表彰台に立つのは初めて。郷亜 里砂(イヨテツク)は1分15秒84で13位。優勝はヨリン・テルモルス(オランダ)で1分13秒56だった。

小平は18日の500メートルにも出場。国内外のレースで24連勝中と金メダル最有力候補に挙げられており、日本女子史上初の快挙に期待がかかる。

おすすめ情報

PAGE TOP