小平選手に特別市民栄誉賞を 茅野市長が意向

LINEで送る
Pocket

茅野市の柳平千代一市長は20日、市役所で会見し、平昌五輪スピードスケートで金と銀のメダル2個を獲得した同市豊平出身の小平奈緒選手(31)に対して「特別市民栄誉賞」を贈る意向を正式に示した。8月1日の市制施行60周年の記念式典で贈呈し、記念講演も依頼したい考え。春以降に市役所前通りと市民館で凱旋パレードや報告会も行う計画で、さらに「市として奈緒ちゃんにプレゼントをあげたい」と話している。

同市は2010年、バンクーバー五輪で銀メダルを獲得した小平選手に第1号の市民栄誉賞を贈っている。柳平市長は「今回はそれをしのぐ業績と成果。さらに思いのこもった『特別市民栄誉賞』をあげたい」と語った。

市制施行60周年の節目に、小平選手が金メダルを獲得して「世界中に『茅野市』を発信してくれた」。柳平市長は「計り知れない影響があるだろう。奈緒さんは子どもたちの大きな目標になる」と期待した。スケートのまちづくりやイベントを促すメールも寄せられているという。

おすすめ情報

PAGE TOP