「花の仙丈」復活させよう 伊那で活動報告会

LINEで送る
Pocket

伊那市など4市町村や南信森林管理署、県、信州大学農学部などでつくる南アルプス食害対策協議会は24日、設立10周年記念の活動報告会を伊那市役所で開いた。貴重な高山植物や高山環境をニホンジカから守ろうと、官民連携で取り組んできた対策やその成果を振り返り、パネル討論を通じてこの先10年の活動について考えた。構成機関の関係者ら約60人が参加した。

2007年9月に発足。翌年夏から、特に被害が深刻だった仙丈ケ岳馬の背に防護柵の設置を始めた。農学部の竹田謙一准教授と渡邉修准教授はそれぞれ、10年間の成果を報告。前例の少ない高山帯での鹿対策について、竹田准教授は、不確実性の高さなどを考慮し、仮説と検証の作業を繰り返す順応的管理を進めてきたと説明した。

パネル討論で、中部森林管理局の宮澤俊輔局長は「守ろうと決め、即座に対策を実行した」と協議会の取り組みを評価。鹿対策に関しては「攻めと守りの両輪」が不可欠だとし、攻めの部分となる捕獲対策にも引き続き力を入れるとした。協議会長でもある白鳥孝伊那市長は、猟友会の尽力にも感謝。高山帯の鹿の発見や効率的な捕獲に向け、最新技術を駆使していく必要性も説いた。

元長谷地域自治区長の中山晶計さんは「登山者を含めて高山環境の異変に気付く人が増えれば」と願望。住民や登山客、観光客の理解促進に向けた啓発事業を継続し、持続可能な活動へ担い手の育成を進めるべきとの声もあった。

報告会では、防護柵の設置や林道沿いで外来植物の除去活動に、ボランティアとして数多く参加する伊那市内の6人を表彰。同市山寺の若林晴二さんは「元通りとまではいかないが、対策により回復してきた。『花の仙丈』の復活へ、体が続く限り協力を続けたい」と意気込みを新たにしていた。

表彰を受けたのは次の皆さん。▽若林晴二、橋爪俊夫、酒井英雄、黒河内俊、池田豊美、藤原久

おすすめ情報

PAGE TOP