蓼科の春満開 聖光寺で桜祭り

LINEで送る
Pocket

聖光寺境内に咲き誇る桜の下で「桜祭り」を楽しむ観光客ら

聖光寺境内に咲き誇る桜の下で「桜祭り」を楽しむ観光客ら

茅野市蓼科の聖光寺境内で24日、例年より1週間ほど早く満開になった桜の下「桜祭り」が開かれた。ソメイヨシノが300本を超すという境内には県内外から多くの人が訪れ、頭上を覆うように咲く桜を見上げては、標高約1200メートルの高原の春を楽しんでいた。

蓼科観光協会主催の恒例行事で、蓼科に本格的な春の訪れを告げるイベント。約200人分を用意したという豚汁サービスには長い列ができ、花見団子やとりちまきの販売コーナーも人気を集めた。

車山、蓼科方面を1泊2日の家族旅行で訪れた愛知県刈谷市の都甲博之さんは、「初めて来た。高遠の桜が見られなかったから、ちょうどイベントをやっていてよかった」と話し、家族で豚汁をすすりながら花見を楽しんでいた。

同協会によると4月いっぱいは桜を楽しめそう。開花期間中の日没から午後9時まで、境内の桜をライトアップする。

おすすめ情報

PAGE TOP