諏訪湖周 31日に「信州グルメライド」

LINEで送る
Pocket

交流会場のマスヤゲストハウスで参加を呼び掛ける小口良平代表

諏訪湖八ケ岳自転車活用推進協議会(小口良平代表)は31日、ガイドと一緒に諏訪湖周をサイクリングしながら名物を食べ回る「信州グルメライド」を行う。湖周や平地を走る初心者コースと、旧道などの丘陵地も走る中級者コースの各10人、サイクリング後の交流会の参加者を受け付けている。

紅葉期の昨年11月に次いで2回目。初心者コースの距離は30~40キロ、中級者コースは50~60キロで高台から諏訪湖の景色も楽しむ。日程は、午前9時に下諏訪町の友之町駐車場に集合。昼食時は2コースが合流し、湖周3市町の飲食店や菓子店に立ち寄り、サンドイッチや温泉卵、ワカサギのつくだ煮、和菓子、リンゴジュースなどの地元グルメを味わう。午後4時終了予定で、同駐車場で解散する。交流会は午後7時から同駐車場そばのマスヤゲストハウスで開き、当日の映像鑑賞と諏訪について歓談する。

参加料はグルメライド(グルメ代、保険料など含む)が一般4000円、学生(大学院生以下)3000円。交流会はワンドリンク付きで2000円。両方参加は1000円割り引きになる。

前回は県内外の23人が楽しみ、小口代表は「食べ物と観光は興味を持ってもらえるので続けていきたい。久しぶりのサイクリングでも大勢だと走りきれる距離。思い出作りに若い人も参加してほしい」と呼び掛けている。

問い合わせは同会の小口正史さん(電話080・4665・0516)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP