軽トラに「小さな家」 キャンピングカー自作

LINEで送る
Pocket

丸山さん自作の軽トラキャンピングカーと室内の様子

茅野市金沢の丸山時彦さん(70)が、軽トラックの荷台を居住スペースにしたオリジナルのキャンピングカーを自作した。高価なキットは用いず、ホームセンターで購入した材料を加工して組み立てた”オールハンドメード”。遠出はまだだというが「いつかは四国八十八カ所巡りもしたい」と胸を膨らませている。

丸山さんは、ものづくりが趣味だといい、自宅敷地内には、単管パイプを組んだ六角屋根のバーベキュー小屋や、木製の古電柱を仕入れて建てたログハウスもある。

軽トラキャンピングカーは、テレビやネットなどで知っていて、旅行先で気楽に寝泊まりできることはもとより、小回りが効き、狭い場所にも入っていけることに魅力を感じた。所有する農作業用軽トラに目を付け、昨年暮れまでに、5カ月掛けてほぼ完成させた。

荷台に取り付けた”小さな家”は全長約3メートル、幅1・4メートル、地面からの高さは2・5メートル。あくまで荷物扱いとなるため、許可される範囲で作った。内部は1ルームだが、ソファ兼ベッドが2組とシンク、コンロ、換気扇、照明、暖房器具、バッテリーも装備。居住スペースは必要に応じて脱着でき、トラックは農作業用にも使える。費用は約23万円だったという。

丸山さんは「思ったより広くて居心地がいい。本を見たりして楽しく作れた。興味のある人は見に来て」と話している。

問い合わせは丸山さん(電話0266・73・6632)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP