最優秀賞岩原さん 辰野町観光協会フォトコン

LINEで送る
Pocket

辰野町観光協会フォトコンテストで最優秀賞に選ばれた岩原さんの「蛍火乱舞」

辰野町観光協会(板倉健会長)は19日、町の観光資源を全国へ発信する「フォトコンテスト2017」(長野日報社など後援)の審査会を町役場で開いた。県内外から応募のあった283点の中から、最優秀賞に岩原憲也さん=木曽郡木祖村=の作品「蛍火乱舞」を選んだ。

町の自然風景や歴史文化、イベントなどの観光資源をPRする狙いで開き16回目。上伊那や諏訪地方のほか、県外は関東からも力作が寄せられた。写真家の工藤智道さん=横浜市=を委員長に審査し、同協会役員らも加わって入賞、入選の計28点を選んだ。

岩原さんの作品は、松尾峡でゲンジボタルの大乱舞をとらえた幻想的な一枚。「光跡がバランスよく配置され、流れる雲など背景も美しい」と評価された。

国天然記念物「横川の蛇石」や「小野のシダレグリ自生地」、小野御柱祭、神明神社の天狗祭り、どろん田バレーボール日本大会を撮影した作品も見られた。

工藤さんは「難しい蛍の写真が最優秀賞で、全体的な完成度も高かった。順位を決めるのに悩んだ」と総評した。

表彰式は4月14日、荒神山さくら祭りに合わせてパークセンターふれあいで行う。たつのパークホテルなどで作品展も行う。

おすすめ情報

PAGE TOP