かりんで地域おこし 箕輪町商工会が特産品化

LINEで送る
Pocket

新たに製作したガイドマップと箕輪町産カリン・マルメロを使ったシロップ

箕輪町商工会商業部会(唐澤修一部会長)は22日、町内産のカリンやマルメロを原料にした「かりんシロップ漬」と「花梨エキス」の完成を発表した。かつては「風邪予防」などと地域の食卓でも当たり前に食べられていたシロップ漬けを製品化し、地域おこしの起爆剤にする狙い。商業部会では今年5月、町内の主婦らも交えたプロジェクトチームを立ち上げる予定で、町の特産品化に向け、さらに商品開発を進めていく。

町で生産されたカリン・マルメロを特産品として製品化し、町の知名度向上や観光振興、地域おこしにつなげようと商工会や町農業委員会、JA上伊那で研究していた。町内では昨年、カリン約1トン、マルメロ約10トンが収穫され、これらを下伊那郡豊丘村の製造業者に委託し製品化した。

同町は昭和30~40年代にかけて、両品種の生産量が全国一を誇る産地とされ「風邪予防」や「胃腸に良い」などと、各家庭の食卓には欠かせない食材だった。ただ、リンゴやナシなど良質な果実に押され、生産者も生産量も減少をたどっていた。

発表会で唐澤部会長は「同じと捉えられているがカリンはバラ科ボケ属、マルメロはバラ科マルメロ属と別の品種」「食物繊維やミネラル分が豊富」などと解説し、地元農産物活用による商業や農業活性化への期待を述べた。

かりんシロップ漬はマルメロを原料に1瓶320cc入りで価格は700円。花梨エキスは本カリン使用のシロップで550cc。町料飲組合加盟飲食店のドリンクメニューの一つとして提供される。

唐澤部会長は「プロジェクト立ち上げにより、商品開発も本格化させる。地域おこしとともに昔の知恵が詰まったカリン文化の継承にもつなげたい」と意欲を示した。

発表会では、町内飲食店の約6割を網羅し、刷新したガイドマップ「MINOWAまち歩きナビ―飲食店編」も披露。各地の公共・観光施設、サービスエリアなどに設置し町のPRに役立てるとした。

問い合わせは町商工会(電話0265・79・2117)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP