高木菜那選手所属スケート部 パレード詳細

LINEで送る
Pocket

下諏訪町は22日、平昌五輪スピードスケートで金メダル2個を獲得した高木菜那選手(25)らが所属する日本電産サンキョースケート部の健闘をたたえ、4月8日に行うパレードの詳細を発表した。友之町駐車場前交差点から「あすなろ公園」までの約1キロをパレードする。午後2時に出発し、JR下諏訪駅前通りや鷹野町商店街、町役場前などを通過して同公園に3時に到着する。青木悟町長が同日に開いた町議会全員協議会で明らかにした。

平昌五輪女子団体追い抜きとマススタートで金メダルの高木選手をはじめ、男子500メートル14位、1000メートル20位の長谷川翼選手(24)、男子団体追い抜き5位、1500メートル10位、マススタート11位のウイリアムソン師円選手(22)のほか、バンクーバー五輪代表の羽賀亮平選手(29)、今季の全日本選手権で男子総合優勝した土屋陸選手(20)、4月に加入する久保向希選手(18)=北海道出身=の6人が参加する。

出発式を友之町駐車場で開き、青木町長や平沢賢司社長らがあいさつする。パレードは町消防団音楽隊、下諏訪向陽高校吹奏楽部、信州チアダンス教室下諏訪校「cosmos neo」が先導し、オープンカーの1台目に高木選手と久保選手、2台目に長谷川選手、ウイリアムソン選手、羽賀選手、土屋選手が乗る。あすなろ公園特設ステージで、選手の紹介やあいさつ、報告をする。

青木町長は「安全面に十分配慮し、多くの人が参加してスケート部の皆さんに声援を送れる大きなイベントにしたい」と抱負を話した。

当日は、コースを車両通行止めにして小型無人機ドローンの飛行と紙テープの投げ入れを禁止とする。臨時駐車場として日本電産サンキョー本社を確保した。

おすすめ情報

PAGE TOP