伊那西高にバラ園を アルプスバラ会

LINEで送る
Pocket

生徒と協力し伊那西高校の花壇にバラの苗木を植えるアルプスバラ会の会員

上伊那地方のバラ栽培愛好者でつくるアルプスバラ会は25日、伊那市の伊那西高校でバラの定植作業を行った。会員約20人と生徒20人が参加。協力して同校玄関前の花壇に苗木を植え込み、今秋に咲き誇るバラ園の完成を心待ちにした。

バラ園づくりは同校の悲願で、出野憲司校長が園芸に詳しい教諭を通じてバラ会の春日千定会長(78)=同市西春近=に相談。春日会長が苗木の寄贈と植え込みの指導を快諾した。作業には同校の生徒らが参加。苗木はアンネの日記で知られるアンネ・フランクに捧げるために作られ、愛と平和のシンボルになっている「アンネのバラ」30株と背の高いスタンダードバラ5株をバラ会が用意。参加者が協力して円形の花壇外周にアンネのバラを植え、中心にスタンダードバラを配置した。同会によると、9月ごろには花を咲かせるという。

春日会長は「バラは100年もつ。アンネのバラは平和の象徴なので、アンネ・フランクの生涯にも興味を持ち、学習に役立ててほしい」と期待。学校内の花々の管理をする緑化委員会の三井麻愛委員長(17)は「今からバラが咲くのが楽しみ。丹精込めて世話をし、大きくきれいな花を咲かせたい」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP